Home > 我輩は犬である

りっぱなペットです!-11-

2006/01/18        8 months later         

 昨年5月の子供の日に生まれた野ネズミ君。 すっかり大きくなりました。
毎日さわっていたのですっかりなつきました。

 どんなことをしても噛みついたりしません。 かにいてもケージをトントンと叩いて
「おいで、おいで」
と声をかけると、゜、巣箱の中から飛び出してきて、
「ちょうだい、ちょうだい、何かちょうだい!」
と言わんばかりに立ち上がって両手でエサをおねだりします。

それは、それはかわいいしぐさです。


 見ている前で、顔を両手で洗ったり、水を小さな手ですくって飲んだりするさまは、まるでリスのような可愛いさです。

  

シッポをつかんでぶら下げてもごらんのとおり

 ネズミの尻尾は長くて便利。

 用途はよく解りませんが、走るときのバランスの他にエサを両手に持って歩くときや、私の腕の上を上ったり降りたり、斜めの場所で姿勢を保つ時に尻尾がまるで蛇のようにからむような力がはいります。

結構丈夫でシッポの先をつまんで持ち上げてもホレ、ごらんの通り。

 中国では、ネズミが底の深い油ツボにシッポをつけてはシッボについた油をなめるのか゛知られているようです。

  


 野ネズミは薄汚くて気味が悪いというイメージがありました。

 しかし、いざこうして飼って見るとじつに可愛い生き物です。
顔はとても愛らしいし、特に目が可愛い。
とても臆病で小さな音にも飛び上がって驚く。

 こうしてつかんでいても、知らない人が近づくと怯えて逃げようとする。

我が家の家族に限って近づいても大丈夫。

 一度、お客さんに見せたらこの野ネズミ君、お客さんの前でおおいにパニクッてしまった。
「ギギーッ」と鳴いて大暴れするのだ。
以来、あまり人に見せないようにしている。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO