Home > 我輩は犬である

さようなら 野ネズミ君!

2006/02/1        9 months later

 実は、野ネズミ君、こう見えてもなかなか賢い動物です。

 カゴのフックをこじ開けることを学習し、3度にわたり逃亡しました。

 2度までは朝までにカゴにもどってきました。

 逃走するたびに野生らしいたくましさとすばやさを身につけて帰ってきました。


 本当に自分で扉のフックを開けることができるのかどうか、観察していたら、両手で天井のフックを引き下げて、鼻で扉をこじ開けるという芸当を私の見ている前でやってのけ、まんまと3度目の逃亡に成功しました。

 しかし、運悪く、その日、ボイラー室の床に重油が漏れるという事故があり、床が重油びたしになってしまったのです。

 野ネズミ君は朝になっても、次の日の朝になっても、3日たっても、幾日たってもとうとう帰って来ませんでした。

ネズミ捕りをしかけてもかかったのは違う野ネズミでした。

 おそらく、床にこぼれた重油にまみれ、体についた付着物をきれいになめ取る野ネズミの習性で、重油をたっぷり飲んで死亡したと推測されます。



 1年に満たない短い期間でしたが、私達家族をたっぷり喜ばせてくれた野ネズミ君に感謝したいと思います。

さ ようなら、可愛い野ネズミ君。

また、君の仲間を捕まえたら手厚くお世話をしてあげよう。

SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO