Home > 我輩は犬である     Fc2.com > ファイルマネージャー

北京日記 I ふたたび景山公園

  2010年10月28日Thi 快晴 割と暖かい

 景山公園

 午前中、再び景山公園に遊びに行く。
市民の趣味活動を見に行くためだ。
はたして、公園のあちこちから、楽器やら、合唱やらの音が聞こえてくる。
行ってみると、ダンスやら駒回しやら、太極拳、ハーモニカ、二胡、など
さまざまな趣味のサークルが熱心に練習をしている。

 公園の頂上に行って、また、故宮を見下ろした。
肌寒い秋晴れの朝の日差しに照らされて、千年の都故宮が燦然と輝いて観える。
北京の四方をゆっくり眺めて、改めて、北京の広さを思い知る。

 北京だけでもこれほど広いのなら、中国全土はいったいどれほどのものか。

   景山公園の山の四方のあちこちで市民が集って思い思いの趣味活動を
しているのを 見ると、公園の広さは、これでも足りないくらいだ。
北京市民は上手に公園を利用しているといえる。

  


 買い物 スーパー

   午後は、妻の買い物に付き合って、近くのスーパーに出かけた。
日本のスーパーよりも断然種類が多い。
値段も安く、買うほうも、売るほうも、適当で豪快な感じがする。
新鮮な果物や野菜の売り場は、まるで、日本の訳あり商品市場か、
規格外商品の売り場のようだ。

 ファーストフード売り場のようなところで、揚げ物や餅、その場で詰める弁当などを
売って いるところで、北京市民に混じってお好みの弁当を食べた。
やはり、中華の味だ。日本の中華の味と違って、香辛料の香りそのものが違うので、 とても違和感を感じる。
おいしいというより、慣れないと食べれないという感じだ。
かなり、無理をして食べた。
いつかは、おいしく感じる日がくるに違いないと思いながら。

 人ごみの中を歩いたせいか、鼻がぐじゅぐじゅする。
念のため、風邪薬を飲んだ。
今日も寝る前に、北京のビールを飲む。
北京のビールは少し甘くて飲みやすい。
このところ、毎日のように一本飲む。
ホテルのビールは高くて、一本4元、約52円する。

   夜は妻と二人で中国のサイトからダウンロードした映画を見てから寝た。
 

  
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO