カラスの雛の飼育記録
<< 1 2 3 4 5 6 7 >>

カラスの飼育@  -1-

2005/05/08                              

露天風呂の付近で最近カラスがなにやらさわいでいるぞ。ふとみると3,40センチはあろうかとおもわれる小枝をくわえてせっせと運んでいる。2羽でなかよくバトンタッチしながら露天の立ち木に巣作りをしている。どうしたものかと思案の末、しばらく様子をみることとした。以前、電柱に作った巣から赤ちゃんカラスをちょっと借りて観察したことがあったから、今回も巣立ちまで観察することとした。


巣を覗く。なかなかカラスが動かない。でも、近づくとサッと飛び立って遠くの屋根からじっとこちらを見ている。ずーっと巣の上にいたので卵でも産んだかなと思ったが、まだ卵はない。それにしてもよくできた巣だ。外側は荒々しい枝のはりぼてのように見えるが中はごらんのとおり、うちの警備犬の毛でもむしってきてしきつめたかのようなふかふかの羽根布団だ。あったかそうだ。じきに卵を産むに違いない。


次の日は雨、北海道の春雨は冷たい。容赦なく降り注ぐ冷たい雨の中、カラスは一晩中巣の上に座り込んだまま、微動だにしない。雨があがったらまた覗いてみよう。もしかしたらもう、卵産んだかもしれない。


  ネット副業【登録無料】の決定版サイト!
 

カラスの飼育A

2005/05/08

北海道の春もベビーラッシュだ。当銭湯の露天風呂の立ち木に無断居住したカラスが、昨日の長雨以降全然動かない。もしかすると卵でも産んだかも知れないので覗いて見ることにした。梯子をかけて近づいてもまったく逃げようともしない。目と鼻の先にまで近づいても逃げない。このままでは巣の中の写真が撮れないのでしかたなく手で追い払ってから写真を撮った。
 

おお、あった、あった。うす青紫色の不気味な色の卵。大きさはうずらの卵より少しおおきい。3つあった。きっと昨日生んだばかりらしい。さて今日は5月8日の日曜日。いったいいつ雛にかえるのだろうか。今日から毎日観察することとする。たのしみだ。
  沖縄旅行が当たる!  7月31日まで
 

<< 1 2 3 4 5 6 7 >>
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO