野ネズミの飼育記録
<< 1 2 3 4 5 6 >>

小指のツメ?    -1-

2005/05/05             

5月5日こどもの日。ねずみ捕りカゴにまた、ねずみが捕獲されてしまわれた。今度のねずみに見覚えがあった。しっぽの傷がなによりの証拠。数週間前捕獲したが、若いねずみと一緒にゴミ箱に監禁していたら、ゴミ箱の底を食い破って2匹とも逃走。あっぱれ。その後若い方のねずみは3日後に再捕獲したが、当方の不注意により過食死した。その後また、見事なオスねずみを捕獲したが、これも当方の不注意により、北海道のこの冷たい春雨のなかで凍死した。続けて捕獲されたのが、この問題のねずみだ。

なんと、このねずみ、今度は不注意で死なせまいと丁重に餌や藁をカゴに差し入れしたところ、5月6日の朝、なんと2匹の子ねずみを出産されたのだった。なんと野ねずみの赤ちゃんなんぞ拝見するのは、当方にとっては子供のとき以来40数年ぶりのこと。おどろいたり、感動したり。
 

母ねずみの必死に子を守る姿をみてちと感動した。野ねずみは駆除の対象だが、つい、感情がうつってしもうた。さっそくホームセンターに走り、カミさんと一緒に適当なハムスター用のカゴを買ってきて住まいとして野ねずみ親子に献上した。よろこんだかどうかは定かでないが、母ねずみはさんざん脱出を試みたあげくにとうとうカゴのなかに設置された巣の中で赤ちゃんにおっぱいを吸わせはじめた。とりあえず一安心。

大福マメ

2005/05/09

野ねずみを捕獲してから3日目。赤ちゃん誕生から2日目。ママねずみは元気に餌を食べては巣にもどり赤ちゃんに授乳している。ママねずみはもう私たちが近づいても驚かない。逃げも隠れもしない。


 

赤ちゃんはというと、生まれたばかりは真っ赤な色をしていたのにわずか1日と少しで体に産毛のようなものが生えてきて、色もわずかに白っぽくなってきた。とても元気でごろごろしたり、ママねずみによじ登ったり、ぴくぴくひくひくと手足を動かしたりと活発に動き回っている。

   



まだ、目は開かない。しっぽや手足がしっかりしてきたようにみえる。なんとデータによれば彼らはあるいは彼女らはこのあとわずかに35日にして大人になって初出産するらしい。見届けるとしよう。

 


   
<< 1 2 3 4 5 6 >>
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO